こんな使い方ってアリ?レンタルスペースの活用方法アレコレ

>

レンタルスペースっていつからあるの?

この記事をシェアする

仕事を活かした活用方法

従業員、取締役を含めても10人未満のスモールビジネスが当たり前になっていますが、更に人数の少ない超小型ビジネスを展開する企業も増えてきました。これは起業に対するハードルが低くなり多くの方が参入出来る様になった事が考えられます。しかしそれと同時に資金繰りがカツカツだったり、大きなオフィスを持てなかったりする企業もあります。そこでレンタルスペースが活躍します。通常の賃貸契約の様に契約も出来ますが、コスト削減を考える事業主は打ち合わせの時だけだったり、来客が来た時だけ契約をしたりするので低コストで活用出来ます。
基本装備としてWiFiやプリンター、プロジェクターが着いているのですぐに会議を始められるのが大きな強みです。

おすすめのオプションや料金について

商業的な活用方法はレンタルスペースの基本的な使い方ですが、オプションを利用する事で更に便利になります。
スペースを提供している企業によっても違いますが資料の片付けが不要、またはPC貸出を行っているところもあります。社外秘のデータは会議が終わった後に専用の方法で処分してくれるので漏洩の心配はありません。PCに関してもセキュリティソフトを使って削除してくれます。
オプション料金は1つにつき数百円~数千円になるので毎回使わないのであればリーズナブルです。
商業用のレンタルスペースは椅子、デスク、ホワイトボード、プロジェクターが基本装備だと1時間500円程度で契約出来ますので、よりリーズナブルに契約したい方にぴったりです。


トップへ