こんな使い方ってアリ?レンタルスペースの活用方法アレコレ

レンタルオフィスの有効な活用法

レンタルスペースっていつからあるの?

元々レンタルスペースは貸し会議室とも言われていて、オフィスを持たない企業が使っていました。定番の使い方ではありますが、会議や試験会場を含む商業的な使い方をピックアップしています。 ノマドワーカーやフリーランスといった働き方をする場合にもおすすめです。

プライベートが充実する活用方法

レンタルスペースは必ずしも商業を絡ませた使い方をしなければならないワケではありません。 女子会や合コン、ホームパーティなどプライベートにも大きく貢献してくれるサービスです。実際に使われている方法を公開しているので、思いつくまま使ってみるのも良いです。

趣味にも使えるレンタルスペース

個展や料理教室など、自分の趣味を目的にレンタルスペースを活用する方も増えています。この場合、どんな設備があるレンタルスペースを契約すればいいのかだったり、契約前の注意点だったりをいくつか説明しています。 もちろん自分のアイディアを活かしても問題ありません。

商業や仕事ではこう使われている

ここ数十年で私達の働き方や生活は大きく変わり、そのたびに多くのサービスが輩出されています。レンタルスペースもその一つで、オフィスを持たない事業主が打ち合わせをする時だったり、ノマドワーカーが業務をする為に使ったりしています。
近年からレンタルスペースと呼ばれているのですが、このサービスはかなり前から提供されていました。その当時は「貸し会議室」と呼ばれたり、名称は無いけれど時間帯で契約出来る場所として使われたりしています。このサービスが一般的に使われだしたのはバブルが崩壊した後でした。それよりも前は多くの企業が土地を購入して事業展開していましたが、バブルが弾けて経営が困難になりました。そこからオフィスが無い細々としてスモールビジネスが展開され始めましたが、会議室が無く別の設備が必要となりました。これがレンタルスペースの始まりです。レンタル契約を提供している企業も、単に土地があるだけなのでそれを収入に換えられれば一石二鳥と考えて浸透していきました。
ここではそんなレンタルスペースについて説明しています。ビジネスとして活用されているのはもちろんですが、パーティや趣味を活かして使われています。アイディア次第ではどんな形にもなるレンタルスペースは、今新しい形に生まれ変わろうとしているのかも知れません。
これまでにレンタルスペースを使った事が無い方はもちろんですが、新しい活用方法を決めあぐねている方も必見です。

トップへ